8月例会【仲間と共に見つけよう!~すべてのものへのありがとう~】開催!

8月4日(土)、5日(日)に【ふるさと農園 美の関】にて1泊2日で夏の体験事業を開催いたしました。

4日の朝早くから田原小学校へ集まった子どもたちは、これから起こる多くの体験に胸を膨らませているのが表情からも分かります。

酷暑が続く中、気温も気になるところでしたが、多くのプログラムを屋根のある会場で行うと共に、熱中症対策も意識して準備をし、また看護師2名にも常駐していただくことで、子どもたちは元気に体験プログラムを過ごしていました。

1日目は湧き水を汲みに山を登り、火起こし器で火をおこし、木製スプーンを作り、夕食にカレーを作りました。子どもたちは体験する中で普段の生活の便利さや、多くの感謝に気付いてくれたようです。

2日目には牧場やトマト農園を訪れて自然や命について学んだり、ものづくりの先生の講話を聞いて様々な道具があることの便利さを学んだりしました。その後は全体で報告会を行い、子どもたちは多くの学びを共有することができました。

事業の最後には子どもたちが2日間で感じてきた感謝の心を、目に見えるようにバルーンで表現し、全員でバルーンリリースを行いました。子どもたちからは「きれい」という言葉が自然と聞こえてきました。

「何かや誰かに感謝の心を持つことはとってもきれいなことなんだよ。」

委員会が子どもたちに伝えたかったことです。いつまでも今回の体験で学んだことを忘れずに立派な大人へ成長してほしいと思います。

最後に、会場を貸していただいたふるさと農園の皆様、また常駐し子どもたちの小さな変化も見逃さずに献身的に対応いただきました看護師の方など多くのご協力をいただくことで8月例会を無事に終えることができました。関係者の皆様には深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。