【テーマ】 岐阜の未来を切り拓け~魅せろ!地域の底力~

【日 時】 2015年8月23日(日)09:00~17:40

【会 場】

【セレモニー】 会場:事務局2F

【メインフォーラム・式典及び卒業式】 会場:美濃市文化会館

【地域のたからいち】 会場:小倉公園駐車場及び櫓ステージ(やぐらステージ)

【担 当】 総務委員会

【目 的】 主管である美濃JCのスポンサーとして、全員出席を目指し、岐阜ブロック大会を盛り上げること に寄与していくことを目的とします。

 

8月23日(日)第56回岐阜ブロック大会2015が美濃の地で開催されました。今回はブロック大会を例会にするという初めての試みで行われました。

 ブロック大会では 「岐阜の未来を切り拓け~魅せろ!地域の底力~」というテーマのもと、主管である美濃青年会議所様が一丸となって設営してくださいました。
 メインフォーラムとして竹中功氏と間寛平氏をお招きし対談形式の講演を行なわれました。
また、県内各地の「地域のたからいち」を同会場に隣接する小倉公園にて開催致され、ステージでは関市の戸山流孫六剣友会の居合が行われ関市の刃物文化を発信することができました。
 続いて行われました、「式典」では本年度と来年度のブロック役員が一斉に登壇しました。本年度岐阜ブロック役員のとして監査担当役員として宮本覚道君と本年度理事長として大須賀理事長が、次年度理事長予定者の山田和正予定者が登壇しました。 
 その後、岐阜ブロック協議会の卒業式があり、今年40歳を迎える各LOMのメンバーが登壇しました。関青年会議所からは、大須賀敏君、辻広直君、佐藤舜海君が登壇されました。
今回のブロック大会に参加することにより関青年会議所だけの事業で交流する場とは違い、LOMの垣根を越えたメンバー同士の交流に参加する事で岐阜県内には自分たち以外にもこんなにJCの仲間がいるのだと改めて感じられました。
いよいよ2015年度が最後に向けてラストスパートをかける横で2016年度がスタートするという緊張感がこちらまで伝わってきました。
記録保存 006
事務局二階でLOMのセレモニー風景
記録保存 031
関市の戸山流孫六剣友会の居合風景
記録保存 129
式典での役員登壇風景