5月13日(土)岩手県宮古市浄土ヶ浜にて
公益社団法人日本青年会議所主催、東日本大震災から6年が経過した被災地の復興状況を体感し、各地域へ伝播してもらうとともに、想定される自然災害に対し防災や減災の行動意識を高めることを目的として「被災地へ心を寄せる事業」が開催され、鈴木理事長、小澤専務と参加して参りました。会場には東北地区被災13LOMと全国のLOMとの交流の推進を目的とした「被災地に心を寄せるブース」、2012年からの「復興創造フォーラム」や各災害時における支援活動の写真を展示した「防災大国日本確立委員会ブース」宮古市内高校生によるブースなど、復興に向け市民を巻き込み活動している団体による発信が行われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です