東日本や熊本で起きた地震、豪雨や台風といった自然災害が猛威を振るう昨今、いつどこで同様の災害が起きても不思議ではありません。災害発生時に救助や支援活動を迅速かつ的確に行うためには、平時より防災意識を高め災害に対する準備をしておくことが必要です。岐阜ブロック協議会、第1回会員会議所終了後「JC岐阜ブロック災害支援ネットワーク」被災地からの支援要請に迅速に対応できるよう、各地域において物資の集積が可能場所や特殊技術者等の情報を集約し、有事の際、即座に情報を提供できるよう備えておかなければなりません。地域で災害に対する対策を強化するとともに、日本青年会議所や東海地区協議会と連携することで、より効果的な防災体制を整える為に、災害時における救援相互運営規定、同意書の調印式が行われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です