6月例会「料理で繋がる地域の輪〜思いやりが創るまち〜」を開催しました。

関青年会議所6月例会は、活気あるまちを生み出していく一つの要素として、地域の人と人との交流の大切さを学びました。
講師を務めていただいたのは、料理芸人として、また、私たちのまち関市の包丁大使しても大活躍のいけや賢二さんです。
初めて会う人と協力しながら料理を作っていくコミュニティーキッチンでは、料理の事だけでなく、それぞれに共通する話題が次々に自然と生まれ、参加者の皆さんに新しいコミュニティーがどんどん生まれていました。

いけやさんの講演では、
都会では当たり前だけど、
隣の人もわからない、関りがないなんて本当に怖いこと!
地方都市では、地域で交流があるということがいかに大切か。
ご自身の家族のお話も交えて、地方都市の生活スタイルや、その地域が抱える問題は、
「うん、、あるある…」
と感じる、決して特別ではなく、多くの方が感じたことのある身近な内容で、
「だから地域の輪って大事で、その地域を強くすると思う!
そうしたら自分も家族もその地域で安心して生活できるでしょ!!
といういけやさんの熱い講演は、参加者の皆様もメンバーもぐっと聞き入りました。

そして、さらにいけやさんからは、
こういった場所に来れる方は「勇気がある人」であって、みんながみんなそうではない。
だから、是非今度あなたがどこかに出かけるときは、そうでない人を誘ってあげる、連れ出してあげてほしい。それが今日の学びをつなげていくことです。
また、料理は人と人が仲良くなれる最高のツール。
絶対に一つ自分の得意料理をマスターしてほしい。
そうしたら、その料理をきっかけに友達との仲を深めたり、新しい仲間を生み出したりしていけるから!
いけやさんからのメッセージはストレートで大切なことを素直に受け止めることができた時間でした。
みなさん、勇気を持って一歩を踏み出し、あなたから新しい交流を広げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です