【副理事長】山中 孝浩
【委  員  長】山田 信之
【副委員長】土屋 健太
【委  員】名古路 健 森 有生 吉田 智美 森 智弘

本年度、指導力開発委員会は明るい豊かな社会の実現のため、地域で活躍するリーダーとしての資質向上を図り、地域経済の活性化に繋げる事業を展開していきます。
現在の日本は不安定な経済情勢の中、少子高齢化や人材不足等様々な問題を抱えています。特に地域経済においては、大都市圏への人口流出が続き、地方圏では人口減少が深刻化していることから地域間の経済格差が拡大しています。関市においても、人口の減少による経済需要の低下や税収の減少などが進んでいく恐れがあり、この状況に対応していかなければ、地域活力の低下に繋がると考えます。厳しい環境下でも活気に満ち溢れる地域、企業にしていくためにはリーダーとして自己の資質を高め、地域・企業を発展させることが必要不可欠です。
9月例会では、リーダーに必要な行動力を学ぶ事業を行います。前進する姿ばかりが行動力ではなく、今の自分に何が必要なのかを考えることも重要です。時には立ち止まり、自分を見つめ直すことで学んだことを取り入れ、新たなことに挑戦していくことが企業の発展には欠かせないと考えます。リーダーとして求められる行動力を学び、一歩前に踏み出すことで企業の発展に繋げていきます。
11月例会では、企業で働く従業員の満足度向上の必要性と、その方法や考え方を学ぶ事業を行います。「企業は人なり」という言葉があるように企業の発展に欠かせないのは「人材」です。リーダーとして従業員と相互信頼を得る為に何をすべきであるか。また、その上でどうしたら従業員の満足度を向上させることができるかを考えることが重要です。リーダーとしての資質向上を計ることで企業の発展に繋げていきます。
今年度の中青会合同例会は、一般社団法人郡上青年会議所が主管します。中青会のメンバー同士共に充実した交流を図り、絆を深められる例会となるように協力していきます。また、中青会の重要性を関青年会議所メンバーに理解していただき、多くのメンバーで参加できるよう呼びかけを行います。
3分間スピーチでは、コミュニケーションをとるための通信手段が発達し、利便性を求めるあまり自分の言葉で想いや考えを伝える機会が減少してきています。青年経済人として人前で話す機会が増えていくため、自身の想いを確実にまとめ、短い時間の中でもわかりやすく相手に伝えることのできる力を養っていただきます。
第45回JC青年の船「とうかい号」への協力では、「とうかい号」の魅力を一般の方々に伝え乗船していただけるよう活動を行います。また乗船者の不安を取り除くと共に期待を持って乗船できるようメンバーでサポートしていきます。
最後に、指導力開発委員会は青年会議所運動を楽しむ気持ちを忘れず、委員会メンバーとの信頼関係を築ける委員会運営を心掛けます。また私達は同じ目的を持ち、豊かなまちづくりの為に一致団結し、メンバー各自のスキルアップに繋がるよう事業に取り組んで参ります。一年間という限られた時間ですが、皆様のご指導、ご協力をいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

【事業計画】

事業名 内容(目的・方法等)
3月例会 中青会合同例会 主管:(一社)郡上青年会議所
9月例会 リーダーに必要な行動力を学ぶための事業
11月例会 従業員満足度を向上させるための事業
3分間スピーチ 表現力の向上、メンバーの資質向上
第45回JC青年の船「とうかい号」への協力 歓送迎、LOM内オリエンテーション
会員拡大 会員拡大

【事業予算】

事業名 予算額 予算明細
3月例会 ¥0
9月例会 ¥50,000円 会場設営費 講師関係費等
11月例会 ¥300,000円 会場設営費 講師関係費等
 3分間スピーチ ¥0円
第45回JC青年の船「とうかい号」への協力(歓送迎) ¥80,000円 企画演出費等
第45回JC青年の船「とうかい号」への協力(LOM内オリエンテーション) ¥25,000円 企画演出費等
会員拡大 ¥0円
合  計 ¥455,000円

 

【指導力開発委員会年間スケジュール】 通年事業
1月 ・3分間スピーチ
・会員拡大
2月
3月  3月例会(中青会合同例会)

第45回JC青年の船「とうかい号」への協力(LOM内オリエンテーション)

4月
5月
6月  第45回JC青年の船「とうかい号」への協力(歓送迎)
3月
7月
8月
9月  9月例会
10月
11月 11月例会
12月